DTCP-IP 対応 DLNA デバイス開発用 SDK 製品情報

Ubiquitous DTCP-IPコンパクトなリンクプロテクションソリューション

DTCP-IP とは

DTCP-IP は Link Protection と呼ばれる、伝送路を保護し、著作権保護されたコンテンツをセキュアに配信する技術。ホームネットワーク (IP ベースの家庭内 LAN) において、例えば HDD ビデオレコーダーで録画した地上デジタル放送の著作権保護されたビデオ映像を、搭載された DMS (デジタルメディアサーバー) の機能を利用して、ホームネットワーク内でデジタル TV や STB (セットトップボックス) に搭載された DMP (デジタルメディアプレイヤー) の機能を利用して再生する際に必要となる技術です。

Ubiquitous DTCP-IP

Ubiquitous DTCP-IP は、DTCP-IP に対応したホームネットワークデバイスを開発するためのソフトウェア開発キット (SDK) です。DLNA (Digital Living Network Alliance) ガイドラインに対応した DMP (Digital Media Player) や DMS (Digital Media Server) を開発する際に、本 SDK を利用して、著作権保護されたコンテンツの配信、再生を可能とします。

Ubiquitous DTCP-IP の特長は、コードサイズが非常に小さいことです。(最小時 50KB)
携帯電話やポータブル TV などのモバイル AV 機器にも DTCP-IP の機能を実装することが可能、モバイル DLNA デバイスの開発を容易にします。
開発キットはライブラリとして提供、お客様の各種プラットフォームへのポーティングも可能です。Linux に実装する場合は、非常に短い時間でポーティングを行い、提供が可能です。
デジタルビデオレコーダーや TV への搭載実績もあり、Android での動作も確認しています。

お客様の DLNA ガイドライン 1.5 対応機器開発での DTCP-IP 対応を短時間で実現するソリューションとしてご活用ください。

※お見積、詳しいパフォーマンスデータをご要望の方は弊社営業、もしくは Web 問い合わせ窓口からご連絡ください

お問い合わせはこちら

DTCP-IP Ver 1.3 (Move) まで対応

  • DTCP Specification Volume 1 Revision 1.51
  • DTCP Volume 1 Supplement E Mapping DTCP to IP, Revision 1.3

コードサイズ 50Kバイト(最小時)

Source / Sink デバイスに適用可能

対応 OS:OS 非依存

対応実績

  • Linux (Kernel 2.4x, 2.6x)、Ubiquitous Network Framework
  • ARM、MIPS、PowerPC 系 CPU
  • ルネサス テクノロジ SH-Ether シリーズ

お問い合わせはこちら

ソフトウェア開発キット (SDK)

  • Authentication Engine / Crypt Engine
  • Ubiquitous DTCP-IP 取扱説明書
  • HTTP クライアントを含むサンプルソースコード
  • 評価用として x86 (PC) / Linux 版ライブラリを提供

ライブラリによるご提供

  • 貴社指定のハードウェアにポーティング(個別お見積による)
  • なお、本製品は、DTLA (Digital Transmission Licensing Administrator) とのライセンス契約が必要です。

その他

  • ハードウェアが搭載する暗号処理機能への最適化により、高速に暗号処理が可能となります。

詳細は別途お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お問い合せ

お問い合せの内容に合わせて選択してください。

製品・セミナーについて IR・採用・その他について