無線LAN 用 WPA / WPS SDK 製品情報

Ubiquitous WPA / WPS / Wi-Fi DirectWi-Fi Certification ロゴ取得用ソリューション

Ubiquitous WPA / WPS は、無線LAN クライアントで Wi-Fi Certification ロゴを取得するために必要な機能を開発するためのソフトウェア開発キットです。
本ソフトウェアを使って、組込機器において、無線LAN でのセキュアな通信を実現するための暗号・認証処理機能や、無線LAN アクセスポイントへの接続設定をかんたんに行う機能を実装することが可能となります。

Ubiquitous WPA / WPS の特長は、コードサイズが非常に小さいことです。(最小時 20-40Kバイト)リソースの限られた組込システムに実装するには最適、生活家電や FA システムに無線LAN 機能を搭載する際などマイコンや ROM / RAM が非常に厳しい機器におけるセキュアな無線LAN 通信を実現します。
開発キットはライブラリとして提供、お客様の各種プラットフォームへのポーティングも可能です。

Ubiquitous WPA は、Wi-Fi Protected Access (以下 WPA*1) サプリカントのソフトウェアで、新しい暗号化方式である WPA2 にも対応しています。お客様がご使用になられている無線LAN モジュールおよびそのデバイスドライバと組み合わせて使用することが可能です。最大の特長は、コードサイズが約 30KB と非常に小さいことで Wi-Fi 認証を取得した実績もあり、安心してお使いになれます。

Ubiquitous WPS は、無線LAN クライアントとアクセスポイント間の簡単接続を実現するための Wi-Fi Protected Setup Enrollee (以下 WPS*2) のソフトウェアです。

2011年 6月以降に発売する機器へ WPS を搭載し、Wi-Fi Alliance 認定ロゴを取得・掲載する場合、最新規格となる WPS 2.0 への対応が義務づけられています。WPS2.0 対応の Ubiquitous WPS を採用いただくことで、本認定ロゴの取得・掲載が可能となります。

Ubiquitous WPA と組み合わせて使用できることはもちろん、お客様がご使用になられている WPA サプリカントとも組み合わせて使用することも可能です。
WPS 機能は、WindowsVista よりパソコンに搭載、WindowsXP もアップデートすることで適用されます。Windows 7 ではマイクロソフトの接続ロゴプログラムが提供され、今後発売される Wi-Fi ルーターやアクセスポイントには必須の機能となっており、家電製品や画面の限られた組込み製品で無線LAN 対応を検討されている場合は搭載することを強くお勧めします。

Ubiquitous WPA / WPS ともに、OS に依存せず容易に移植することが可能ですのでお客様のシステムと組み合わせて短期間にて動作させることが可能です。無線LAN ドライバとの結合には、ソースコード提供するサンプルアプリケーションのインターフェースレイヤを変更することで対応可能です。
なお、WPA / WPS のライブラリについてソースコードをご希望されるお客様には別途ソースコード契約いただくことでご提供可能です。

Ubiquitous Wi-Fi Direct*3 は、無線LAN 機器間の簡単接続を実現するためのソフトウェア開発キットです。Ubiquiotous Wi-Fi Direct は Ubiquitous WPS 及び Ubiquitous P2P の 2つのライブラリによって提供されるソリューションです。
組み込み向けに最適化されており、

・Wi-Fi Direct の規格のなかで、組み込み機器に必要な機能を効率的に実装することでコードサイズを
 低減し、高パフォーマンスを実現
・GPL のコードを一切含まない独自実装
・各種 Wi-Fi チップ / OS に対応可能

といった特長を持っています。

*1 WPA (Wi-Fi Protected Access) サプリカント

Wi-Fi アライアンスが定める無線LAN 用の暗号方式で、従来採用されてきた WEP の弱点を補強しセキュリティを強化したものです。WPA により強力な AES 暗号化にも対応した WPA2 と合わせて、Wi-Fi 認証を取得するためには必須となる技術です。

*2 WPS (Wi-Fi Protected Setup)

無線LAN 機器の接続とセキュリティの設定を簡単に設定するための規格で Wi-Fi アライアンスが仕様を定めている。4桁か 8桁の暗証番号の入力 (PIN 方式)、またはボタンを押す (PBC 方式) だけでデバイスが無線LAN アクセスポイントから設定情報を自動的に取得するための規格です。

*3 Wi-Fi Direct

アクセスポイントを介さず、機器間相互に通信可能にする、Wi-Fi アライアンスで策定されている通信規格です。

* WPS2.0について

WPS2.0 は 2010年12月に Wi-Fi Alliance にて標準化が完了、ロゴ認定プログラムが開始されています。WPS2.0 では、相互接続性の向上を目的として、旧バージョンの Wi-Fi 認定デバイスとの相互接続性を確保しつつ、従来の仕様における曖昧な点の明確化や追加・改善がされています。また、2011年 6月以降に発売される機器で WPS に対応し Wi-Fi Alliance 認定ロゴを取得・掲載する場合、対応が義務づけられている規格となります。

※お見積、詳しいパフォーマンスデータをご要望の方は、弊社営業もしくは、Web 問い合わせ窓口からご連絡ください。

概要図

お問い合わせはこちら

Ubiquitous WPA [WPA サプリカント機能]

  • WPA / WPA2-PSK セキュリティに対応
  • AES (CCMP) および TKIP 暗号方式に対応
  • コードサイズ : ROM 30Kバイト (最小構成時、暗号ライブラリを含む)

Ubiquitous WPS [WPS Enrollee 機能]

  • Wi-Fi Simple Configuration Technical Specification v2.0.0 準拠(WPS 2.0 対応)
  • 無線LAN クライアントデバイス側に必要な Enrollee 機能に対応
  • 個人暗証番号 (PIN 方式) およびプッシュボタン (PBC 方式) に対応
  • コードサイズ : ROM 40Kバイト (最小構成時、暗号ライブラリを含む)

Ubiquitous Wi-Fi Direct

  • P2P:Device Discovery,Group Formation,Power Management
  • WPS:Enrollee.Registrar

お問い合わせはこちら

  • OS: Linux, Thread X, iTRON, Ubiquitous Kernel
  • 無線LAN チップ: Marvell 社、ルネサス エレクトロニクス、CSR 社ほか

その他の OS、無線LAN チップにも移植可能ですのでお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

WPA ソフトウェア開発キット (SDK)

  • Linux 向け WPA / WPA2 ライブラリ、及びサンプルコード
  • Ubiquitous WPA サプリカント 取扱説明書

WPS ソフトウェア開発キット(SDK)

  • WPS Main ライブラリ (オブジェクトコード)
  • サンプルアプリケーション (ソースコード)
  • Ubiquitous WPS 取扱説明書

Wi-Fi Direct ソフトウェア開発キット (SDK)

  • P2P ライブラリ及びサンプルコード
  • サンプルアプリケーション (ソースコード)
  • Ubiquitous Wi-Fi Direct 取扱説明書

お問い合わせはこちら

お問い合せ

お問い合せの内容に合わせて選択してください。

製品・セミナーについて IR・採用・その他について