IoT / M2M のセキュリティ

Ubiquitous Securus - セキュラス
秘匿データ管理ソリューション

これからの IoT / M2M (Machine to Machine) に必須となる高いセキュリティを実現するためには、IoT 機器 (デバイス) もセキュアである必要があります。
Ubiquitous Securus は、セキュアな IoT 機器の開発・製造を実現するために秘匿データを厳格に管理するソリューションです。ハードウェアのセキュア IP を使用して秘匿データを確実に保護することで、お客様のセキュアな IoT システム開発を強力にサポートし、デバイスのなりすまし、データの漏洩・改ざんを防止します。
ユビキタスは、デジタル家電や IVI (In-Vehicle Infotainment) 向け等に利用される著作権保護技術 (DTCP-IP や HDCP 等) でのセキュリティ対策だけでなく、急速に普及している IoT のセキュアな機器開発もサポートします。

securus_201602_01.png

お問い合わせはこちら


特長

Ubiquitous Securus は、ソフトウェア処理に加え SoC や MCU 等のハードウェアセキュア IP をコントロールして使用することで、高いセキュリティを実現しています。
導入前のコンサルティングから製造後のメンテナンスまでの総合的なサポートにより、開発期間および開発者の負担を大幅に低減し、短期間でセキュアなネットワーク機器の製品化ができます。

  • ソフトウェアだけでは実現が難しい強固な秘匿データ管理
    ハードウェアセキュリティ IP を利用するソフトウェアを提供することにより、ソフトウェアだけでは実現が難しい強固な秘匿データ管理が実現できます。

    さまざまな半導体に対応可能
    半導体の世代交代等により、異なるハードウェアセキュリティ IP が実装されることを考慮して上位アプリケーションに影響が少ない設計で移植層を実装しています。

    総合的な技術協力とサポートを提供
    セキュアなネットワーク機器開発のために、企画、開発、製造からメンテナンスまで総合的な技術協力を行うことで、開発期間の短縮および開発者の負担を大幅に低減します。

主な機能

  • 暗号化・復号機能
    AES 暗号化・復号機能
    (ハードウェア側で該当機能を持っている場合、ハードウェアの機能を利用)

    ハッシュ機能
    ハッシュ演算機能およびハッシュベースメッセージ認証機能

    セキュアストレージ機能
    デバイス固有の証明書や暗号鍵などの秘匿データを適切に暗号化してデバイスに保存し、利用するための機能

    コンテンツ保護機能 [NEW]
    コンテンツデータをセキュアにローカル暗号化する機能。万が一、データが流出・漏洩してもデータの不正利用は不可能。

総合的な技術協力とサポート

Ubiquitous Securus は、セキュリティミドルウェアの提供に加え、導入前のコンサルティングから製品出荷後のメンテナンスまで、セキュアなネットワーク機器開発を総合的にサポートします。

企画 (導入前のコンサルティング)
■セキュリティポリシーの決定
秘匿対象のデータを確認し、システム面からのセキュリティポリシーの決定に協力

■ハードウェアの選定
選定されたハードウェアの機能を活用した秘匿データ管理を提案

設計・開発 (ライブラリの提供)
■ハードウェアを活用した設計・開発
ハードウェアにセキュアな機能が実装されている場合は、ハードウェアの強固なセキュリティ機能を活かした設計・開発を実施

■ハイブリッド型の設計・開発
ハードウェア、ソフトウェアとのハイブリッド型の設計やソフトウェアならではの独自暗号の実装も設計段階で導入

製造 (工場向けツールの提供) オプション
■独自の暗号化ツール
機器製造時の情報漏えい防止のため、製造ラインで秘匿データをセキュアに取り扱うためのツールを提供

運用(サポートの提供) オプション
■セキュアアップデート
悪意のあるソフトウェアの書き込みを防止するためのセキュアアップデートの仕組みを提供

■秘匿データの更新
デバイスに書き込まれた証明書の使用期限に合わせて、適切なタイミングで証明書を更新

お問い合わせはこちら

お問い合せ

お問い合せの内容に合わせて選択してください。

製品・セミナーについて IR・採用・その他について